カーリング女子の掛け声うるさい理由は?苦手・うざい批判ある?

curling-girls-noisy スポーツ

この記事ではカーリング女子について

  • うるさい
  • うざい
  • 苦手

などなど、SNSで話題になっていたので調査いたしました。

人気絶頂のカーリング女子ですが試合中になると「うるさい!」などと批判的なコメントもあるようですが、いったい理由は何なのでしょうか?

今回は『カーリング女子の掛け声うるさい理由は?うざい・苦手と批判?』と題してお届けいたします。

 

カーリング女子:掛け声うるさい理由は?

2022年2月12日の北京オリンピックでカーリング女子でデンマークに8対7で逆転勝ちをして盛り上がりました!

そこでSNSではカーリング女子を視聴していて『うるさい!』というコメントが多く話題になっていました。

『うるさい!』ってどういうことなのでしょうか?

 

カーリングの掛け声がうるさい?

現在では競技中、選手にはピンマイクが装着することになりテレビ中継でもカーリングの掛け声が聞こえるようになったそうです!

なので、カーリングの試合中に聞こえる指示が「うるさい!」と感じる方が、多数いるのだと思われます。

 

掛け声の種類

試合中の中継を観ていて聞くのは

  • 「イエス」
  • 「ヤップ」
  • 「ウォー」

などなど、よく聞きますよね!

掛け声はカーリングの見所の一つの様に感じます!

国によっては言い方も異なり楽しかったりするので、注目して観戦するのもアリですよね。

掛け声の種類
  • ヤップ(Yep)➡掃いて
  • ウォー(Whoa)➡掃くのをやめて
  • クリーン(Clean)➡軽く掃いて
  • ハード・ハリー(Hard・Hurry)➡もっと速く 強く掃いて

 

うるさいのはピンマイク装着の影響?

カーリングの観戦をしているときに選手の話し声がよく聞こえる事ありますよね。

それは、選手1人1人にピンマイクが装着されているからです。

ちなみにピンマイク装着は2006年に行われた「トリノオリンピック」から採用されました。

カーリングの競技がなぜピンマイクを装着しているかというと

ピンマイク装着なぜ?
  • カーリングは相手選手との知恵比べが楽しみ
  • 選手との会話が聞こえることでチームワークがどうなのかがわかる
  • チームが何を考えて、どうしていくのかが知ることが出来る

などなどの理由からピンマイクを装着しているのではないでしょうか。

 

カーリング女子:うざい・苦手と批判?

カーリング女子は『うざい』や『苦手』と批判されているのでしょうか。

実際どうなのか調査してみました。

 

うざい・苦手:もぐもぐタイム?

カーリング女子が苦手と言われる最も多いのは「もぐもぐタイム」です。

試合の休憩時間に栄養補強や作戦会議のために行われるのですが、『もぐもぐタイム』

  • 苦手
  • うざい

などと、世間では思われているのでしょうか?

SNSの実際のコメントを見てみましょう。

などなど、SNSでは批判的コメントは特に見つかれませんでした。

 

うざい・苦手:そだねーの話し方?

試合中には作戦の話し合いなどは必要ですよね!

そこで、カーリング女子と言えば試合中に「そだねー」などの言葉が話題となりました。

その「そだねー」という言葉が視聴者はバカっぽく聞こえるから嫌い』みたいです。

『そだねー』は北海道の方言で『そうだね』という意味です。

カーリング女子の代表選手は北海道民ですから普通の会話をされているので『うざい』や『苦手』と思われるのは違うと思います!

 

まとめ

如何だったでしょうか。

カーリング女子の北京五輪を観戦していて

  • うるさい
  • うざい
  • 苦手

などについて、カーリング女子の掛け声にはいろんな種類があると覚えることにより、違った角度から観戦できるのでお勧めです!

>>カーリング女子選手『もぐもぐタイム』なぜ必要?

今回は『カーリング女子がうるさい理由は?うざい・苦手と批判?』と題してお届けいたします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました