「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

ヒロアカ403話ネタバレ最新話確定速報!オールマイトの運命は?

hiroaka-397-netabare ヒロアカ
Pocket

402話ではオールマイトがオール・フォー・ワンを赤ちゃんにまで戻すために大爆発を起こして道連れにした事でオールマイトの安否が気になっているでしょう「ヒロアカ」。

同時に緑谷と弔の戦いの行方も気になる人はいると思います。

そして何よりオールマイトがどうなっているのかが一番気になっている事でしょう。

ナイトアイが見た予知のように命を落としたのか、それとも生きているのかのどちらなのでしょうか!?

今回は『ヒロアカ403話ネタバレ最新話確定速報!オールマイトの運命は?』と題してお届けしていきます。

 

ヒロアカ403話ネタバレ最新話考察!

それではヒロアカのネタバレ考察について解説します。

考察については以下の通りです。

 

ヒロアカ403話ネタバレ最新話考察:オールマイトの運命は?

まずオールマイトの運命についてですが余程運が無いと死亡している可能性が高いでしょう。

オール・フォー・ワンが自爆するなら兎も角、オールマイトの方から自爆をしているのですから死んでいる可能性はあります。

ただオールマイトのアーマーがかなりボロボロになっていたので、それを踏まえると生きている可能性も捨てきれません。

オールマイトはずっとアーマーを纏った状態でオール・フォー・ワンと戦っていて、アーマーには生徒達の個性を疑似的に使えるようにしています。

しかし自爆を行う前にはアーマーは破壊寸前の状態だったので、アーマーの力で自爆させても威力は半減している可能性があるのです。

もしそうだったとしたらオールマイトは辛うじて生きているかもしれませんが、もう二度と戦う事はないでしょう。

そしてヒーローには運も必要ではありますので、目の前で自爆しても運次第で生きているかもしれません。

オールマイトは実力で成り上がったと思いますが、運要素も少なからずあったので運次第では生きていると言えますね。

 

ヒロアカ403話ネタバレ最新話考察:オールマイトの自爆計画とAFOの抵抗

402話ではオールマイトは自爆しましたが、自爆も計画に入っていた可能性があります。

勿論使わずにオール・フォー・ワンを倒せれば上出来と考えていた筈です。

しかしオール・フォー・ワンに関してはこの場に居る者達よりも一番知っているのはオールマイトであり、その強さもしぶとさもオールマイトにしか分かりません。

そしてオール・フォー・ワンも目的のために、自身の生存のためにかなり抵抗をしていきました。

凄まじいと言っていいくらいの抵抗を受けたオールマイトは最終手段として残していた自爆を使ったのだと思いますね。

オール・フォー・ワンも仮にも平和の象徴だったオールマイトが自爆をしてくるとは思っていなかったでしょう。

オール・フォー・ワンの性格上、自分を痛めつけたら緑谷を動揺させるために連れていくだろうと踏んだうえで使った可能性もありますね。

 

ヒロアカ403話ネタバレ最新話考察:オール・フォー・ワンの最後の闘争

403話ではAFOの最後の闘争になるんじゃないでしょうか。

オールマイトを追い詰めているとはいえ、AFOも相当な回数の巻き戻しを使っています。

AFOは現在全盛期の状態でとても若返っているものの、時間に限りがあるので時間を食うごとに消滅の危険性が出てくるのです。

本人からすればオールマイトは簡単にひねりつぶす事が出来るから、楽勝程度に挑んだら思っている以上に時間を稼がれてしまいました。

同時に巻き戻しもそれなりに使われたので、弔の元に行く前に消滅する恐れもあります。

もしそうなるとするならば、この戦いがAFOにとって最後の戦いになる可能性は十分にあるでしょう。

 

ヒロアカ403話ネタバレ最新話考察:オールフォーワン対峰田の潜在的な駆け引き

403話ではAFOと峰田の駆け引きがあるかもしれません。

峰田はAFOが何処かへと飛んでいく前に、自分のもぎもぎをくっつけていました。

それに他のヒーロー達と違ってある程度軽症だったので動ける筈であり、何とか追いかけて来れたと思います。

実力的には到底及びませんが、煽りとか駆け引きなら何とかある程度引き留められる可能性があるでしょう。

AFOも取るに足らないと思いつつも、煽られるのは好まないのですぐに動く事は無い筈です。

 

ヒロアカ403話ネタバレ最新話の考察:エンデヴァーの運命

燈矢との壮絶な戦いを終えたエンデヴァー。

しかし腕を失ってしまった事からこれ以上ヒーローを続けるのは厳しいでしょう。

それに燈矢がヴィランである荼毘になった経緯の事もあって、一時叩かれたもしました。

そのため燈矢に対する償いの為、これまで焦凍以外を蔑ろにしてきた息子娘のためにヒーローを辞める事になるんじゃないでしょうか。

 

ヒロアカ403話ネタバレ最新話の考察:エンデヴァー家の試練

燈矢がヴィランになって、多くの犠牲を出してしまったエンデヴァー家。

現状は余り問題がありませんが、ただ戦いの後に問題が発生するんじゃないでしょうか。

焦凍も燈矢を止めるためにかなり無理をしましたし、兄に姉、母親も無理をしました。

かなり個性を酷使した事から焦凍は個性が使えなくなり、兄達も火傷の跡がかなり残ってしまうんじゃないでしょうか。

同時に日常生活にもかなりの支障をきたす事になると思いますね。

そのため、戦いの後にかなり苦しい日々を送る事になると思います。

ヒロアカ403話ネタバレ考察:死柄木とAFOの接近でデクとオールマイトの運命は?

403話でAFOが弔のいる場所に一気にワープできる可能性が出てきました。

ワープさせる事はAFOも一応出来ますが余り得意ではなく、どちらかと言えば黒霧が得意としています。

黒霧は弔達の近くにいて、相澤達を別の場所へと飛ばしていたのです。

そしてオールマイトとAFOの凄まじい戦いの様子は黒霧も気づいていて、ワープの個性で移動させられる距離である事にも気づいているでしょう。

そのためAFOを移動させて、AFOはあっという間に弔の肉体を乗っ取る事になります。

そうなると若い肉体、強力な個性を持つ最強の魔王となり、緑谷は追い詰められてしまう事になるのです。

オールマイトもすぐに動けないので、弟子の窮地に駆けつけられない自分自身を責める事でしょう。

 

ヒロアカ403話ネタバレ最新話確定速報!

ヒロアカの次のエピソードは、2023年10月23日(月)の週刊少年ジャンプで掲載予定です!

どんな展開が待っているのか、情報が入り次第、すぐに当ブログでシェアします!ブックマークして、最新のヒロアカ情報を逃さないようにしてくださいね。

ネタバレが苦手な方や、過去のエピソードを楽しんでいる方はネタバレが含まれる場合がありますので、お気をつけください。

 

ヒロアカ403話ネタバレ確定速報:オールマイトの幼少期時代

403話の開始は、オールマイトの幼少期、母親が彼に『あんぱんまん』という正義のヒーローの絵本を読み聞かせる場面からです。

この瞬間は、多くの人々が共感できる家族の温かさを感じさせるものでした。

誰もが通るような日常の一コマであるがゆえに、オールマイトもその経験を普遍的なものと捉えています。

オールマイトのヒーローへの情熱が、このような幼少期の経験から始まったことを暗示する、感動的なエピソードとなっています。

 

ヒロアカ403話ネタバレ確定速報:オールマイトの生涯をかけた使命

オールマイトは自らの人生を振り返り、数々の大切な出会いを思い出していました。

その瞬間、彼は自らの人生に満足していると感じ、たとえ命を絶っても後悔しないという決意を固めました。

オールマイトのその覚悟は、自爆という行動に結びついたのかもしれません。

オールマイトは、最後の瞬間まで真のヒーローとしての役目を全うしようとしていたのです。

 

ヒロアカ403話ネタバレ確定速報:AFOの冷徹な対抗

シーンは、壮絶な戦いの中、AFOとオールマイトの直接対決へと移行します。

オールマイトは、すべての力を使い果たし、もはや手立てがない状態であるにも関わらず、英雄としての矜持を持って最後の一手、自爆を選びます。

しかし、AFOは冷酷に「英雄たる者がどのような死を選ぶか?」と言葉を投げかけ、その自爆の試みさえ阻止してしまいます。

この絶望的な状況に、見ていた人々は涙を隠せず、そのヴィランの恐ろしさを改めて実感します。

 

ヒロアカ403話ネタバレ確定速報:雄英を狙うAFOの冷徹な策略

AFOが強力な攻撃を仕掛ける中、オールマイトはその手中に捉えられ、狙われるは雄英の校舎。

ジェントルクリミナルが一時的に校舎の崩落を食い止めてくれましたが、その状態も長くは続かないでしょう。

AFOの攻撃は、ちょっとした乱れすらも気にせず、執拗に続けられます。

学校、そして生徒たちが危機的状況に立たされていることを感じさせる一幕でした。

 

まとめ

hiroaka-397-netabare

以上がヒロアカのネタバレ考察です。

オールマイトやオール・フォー・ワンの安否も気になるところではありますが、緑谷と弔の戦いになっている事からも物語的にクライマックスを迎えていると言えます。

そう思うと寂しくもありますね。

今回は『ヒロアカ403話ネタバレ最新話確定速報!オールマイトの運命は?』と題してお届けしました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました