「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

ヒロアカ412話ネタバレ確定速報!デクが無個性になる?

hiroaka-412-netabare ヒロアカ
Pocket

危機察知の個性を奪われたばかりか、このままでは富士山が崩壊して日本そのものが壊れてしまう恐れが出てしまっている『ヒロアカ』。

今ですらかなりギリギリの状態なのに、自然災害まで起きようものならば余計に不利になっているといっても過言じゃないでしょう。

それにオール・フォー・ワンが命を落とした影響なのか、弔の能力も進化した様子ですし、危機察知を失った緑谷はかなり厳しいでしょうね。

今回は『ヒロアカ412話ネタバレ確定速報!デクが無個性になる?』と題してお届けしていきます。

 

ヒロアカ412話ネタバレ考察!

それではヒロアカの412話の考察をしていこうと思います。

411話を見る412話で起こるであろう展開は以下の通りです。

 

ヒロアカ412話ネタバレ考察:死柄木の進化した能力とデクの危機

弔は触れるだけで個性を奪える能力を身につけました。

これに関してはオール・フォー・ワンの個性が受け継がれているので当然かと思いますが、崩壊も手を使って行うので上手い具合にフェイントをかけれる事も出来ます。

それに歴代のワン・フォー・オールの声も聞こえていて、その気になれば富士山すらも破壊し切れる事から能力はより高まっていると言えるでしょう。

それは体内にいるオール・フォー・ワンの意志が本体の死によって消えたからだと思います。

それによって気を抜いたらオール・フォー・ワンに乗っ取られるという事を気にする事なく、やりたいようにやれるようになったのでしょう。

対する緑谷はもうこれ以上個性を奪われては勝ち目はないですし、逃げ場すらない状態になっています。

まさに危機的状況と言っても過言じゃないでしょう。

そのためこの状況を打破するには勝つしかありません。

 

ヒロアカ412話ネタバレ考察:デクと死柄木の戦いに相澤先生が加わるか?

緑谷と弔の戦いが繰り広げられる中で、相澤が加われば多少状況も良くなると思います。

相澤の個性で弔の個性を縛る事が出来れば、少なくともこれ以上の崩壊は出来なくなるので緑谷もやりやすい筈です。

しかし相澤は現在マイク共々行方不明状態となっていて、本当にどこにいるのか分かっていません。

そのため来る可能性は薄そうな気がしますね。

 

ヒロアカ412話ネタバレ考察:尾白達とギャシュリーの対決が始まる?

緑谷と弔が戦っている頃には大体殆どの戦いが終わっている感じになっていますが、まだギャシュリーとの戦いが残っている状態です。

そしてそこには尾白達がいると思いますし、現在も戦っている最中だと思いますね。

ただ今行われている緑谷と弔の戦いに比べれば、価値が薄い戦いのような気がしますので細かい描写は描かれる事はないと思います。

 

ヒロアカ412話ネタバレ考察:ホークスの運命が明らかに!

AFOの個性の中にホークスの姿がありました。

この事からホークスは個性を奪われていて、周囲にいる人間達は皆AFOに個性を奪われてしまった者達なのでしょう。

ホークスはAFOとの戦いで重傷を負っていましたし、トガヒミコが引き起こしたトゥワイス達の波に飲まれている様子がありました。

この事から命を落としている可能性が高いです。

AFOに取り込まれた個性を持っているであろう者達は殆ど命を落としている状態にあります。

そしてホークスの状態を踏まえても命を落としている可能性は大。

ただ奪われても命を落としていない人もいるので、可能性はわずかとはいえ生きている可能性もあるでしょう。

 

ヒロアカ412確定:死柄木の国土全滅計画

死柄木のコントロール不能な暴走が、心を揺さぶります。

ヒーローたちは以前から感じていた恐れが現実のものとなろうとしています。

これまで表面的な破壊行為にとどまっていた死柄木が、さらに深いレベルの破壊へと移行し始めています。

死柄木の野望は、単なる一地域の崩壊にとどまらず、国全体を無に帰すことです。

死柄木は自信満々に、たった一週間あれば、国土を完全に変貌させることができると宣言しています。

こうして、死柄木は「全てを消し去る」という、恐るべき新しい段階へと足を踏み入れていくのでした。

 

ヒロアカ412話ネタバレ確定速報!

ヒロアカの412話を速報として皆様にお知らせいたします。

ここからはネタバレになりますのでご注意ください。

 

ヒロアカ412ネタバレ確定速報:デクと死柄木の壮絶な対決!

デクが、死柄木の進行する破壊の波に立ち向かいます。

デクは自らの筋力を限界まで引き出し、黒鞭を使って内側から筋肉を伸縮させることで、強烈な風圧を生み出します。

これまでのデクのデラウェアスマッシュとは比較にならないほどの破壊力で、死柄木が仕掛けた崩壊の予測範囲を風圧で吹き飛ばすのです。

その壮絶な攻撃に、死柄木も「極致だな緑谷!」と感嘆の声を漏らしました。

 

ヒロアカ412ネタバレ確定速報:デクの計略と圧倒的な力

緑谷出久(デク)が、死柄木に対する防御を続けながら、次なる攻撃のために力を蓄えていたことが明らかになります。

デクは黒鞭を使い筋肉を動かし、3代目の個性「発勁」で力を秘めていました。

その溜めた力は、死柄木に向けて直接的な攻撃ではなく、破壊的な風圧として放たれます。

デクは過去の経験から、風圧だけで十分に戦えることを学んでおり、今回もその戦術を採用し放たれた風圧は、地面を削るほどの力を持ち、オールマイトのパワーに匹敵するほどでした。

 

ヒロアカ412ネタバレ確定速報:死柄木の反撃とデクの巧妙な策略

デクによる強烈な風圧攻撃に死柄木が驚きつつも、素早く反撃の構えを見せるのです。

デクの戦術を一時しのぎと判断し、死柄木に向かって勢いよく飛び込んできました。

死柄木の能力は接触するだけで物体を崩壊させることができるため、この反撃は非常に危険です。

しかし、デクは死柄木の攻撃を予測していたようで、砂煙を利用して死柄木をもてあそぶのでした。

 

ヒロアカ412ネタバレ確定速報:デクの不屈の決意

先代の継承者たちとデクの間で意見が衝突します。

死柄木の行動に対し、先代たちは「諦めろ、救いようのない人間もいる」という悲観的な見方を示します。

志村菜奈は一撃で敵を消し去る攻撃を支持するものの、デクはこれに強く反発しました。

デクは、表面的な解決では本当の意味での救済にはならないと主張し、救出対象である少年を救うために、「その蓋が壊れるまで殴るのをやめない」と宣言しました。

 

まとめ

以上がヒロアカ412話の考察でした。

現状を踏まえると緑谷だけで弔と発生するかもしれない自然災害までどうしようもできないでしょう。

オールマイトなら出来る可能性はありますが、今の緑谷では状態からも役不足と言っても過言じゃないと思います。

そのためジェントル―やレディナガンみたいに誰か助太刀に来るんじゃないでしょうか。

今回は『ヒロアカ412話ネタバレ確定速報!デクが無個性になる?』と題してお届けしました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました