「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

キングダム781話ネタバレ最新話確定速報!飛信隊の土塁突破作戦実行!

kingdom-781-netabare キングダム
Pocket

司馬尚が動き出したと共に側近的立場のカン・サロ、戦闘力だけなら蒙武に匹敵するレベルのジ・アガが攻め込んできた「キングダム」。

カン・サロは楽彰軍と共に亜光軍、ジ・アガは倉央軍と戦う事になりました。

そんな中で田里弥軍が敵を倒そうと様子を窺っている状況にあるのです。

そんなキングダムですが、亜光軍は今の状況を打破するために、楽彰軍は亜光軍を壊滅させるために、次なる一手を打つ展開になりそうになっています。

その次なる一手がどんな感じになるのか、気になる人はいるんじゃないでしょうか。

今回は『キングダム781話ネタバレ最新話確定速報!亜光と楽彰の次なる一手』と題してお届けしていきます。

\今だけ全巻半額で読める!/

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

>>キングダムを今すぐ読む<<

 

キングダム781話ネタバレ最新話考察!

それではキングダム781話の考察をしていこうと思います。

考察については以下の通りです。

 

キングダム781話ネタバレ最新話考察:玉鳳軍の羌瘣隊が袁環軍との決戦!

現在、玉鳳軍と共に羌瘣隊や残る飛信隊が袁環軍と戦っています。

特に玉鳳軍を率いている王賁は李牧が何か目論んでいると考えているため、早々に蹴りをつけたいところでしょう。

実情を踏まえると袁環軍はあっという間に倒されると思います。

勿論袁環軍は数が多いですし、兵士達も秦に蹂躙されて家族とかを失った者達が多いので士気が高いのは確かです。

しかし李牧軍や司馬尚軍みたいに有能な武将が殆どいませんし、兵士も士気が高いと言っても技量が急に上がるわけでは上がりません。

逆に玉鳳軍や羌瘣隊、残った飛信隊は多くの戦を経験している精鋭達ですので、あっという間に倒される事でしょう。

 

キングダム781話ネタバレ最新話考察:田里弥軍の戦場での影響力

今回の戦の中で田里弥軍は最も多くの兵士達を蹴散らしている部隊である事が判明しました。

そしてジ・アガを狙いに定めている事からも有力な武将を討ち果たす事も出来る武力があるとも言う事です。

その事からも武将は当然の事、兵士達の質も高いのでしょう。

そうじゃなければ多くの兵士達を討ち取る事は出来ないと思います。

そのため高い影響力があり、彼らがいる限り王翦軍に負けはないと言えるんじゃないでしょうか。

同時に敵にとってはやばい存在として警戒されていると思います。

 

キングダム781話ネタバレ最新話考察:司馬尚が自らの戦闘決意?

今回、今の今まで戦に参加しなかった司馬尚がこの戦で顔を出しました。

それに779話まで動く事が無かったのに、動き出したと言う事は自分の考えで動いたんじゃないでしょうか。

李牧に頼まれていると言う可能性もありますが、司馬尚は基本誰かに従うような人物ではありません。

一応趙には仕えていますが、王室を見限っている立場なので、ずっと青歌に引っ込んでいました。

そして李牧の説得を受けて戦場に立ちましたが、どう動くかは李牧に一任されたんじゃないでしょうか。

李牧は司馬尚が自分の命令通りに動くかどうか分からないため、そうせざるを得なかったのだと思います。

もしくは司馬尚ほどの武将ならば、わざわざ命令をしなくてもどのタイミングで動けばいいか理解していると言う考えもあったんじゃないでしょうか。

実際、信は足止めされ、王賁は飛信隊に加勢していて、楊端和軍は敵陣に斬り込んでいるので、王翦軍に加勢してくれる部隊はありません。

そして王翦軍の方は亜光軍がそれなりに損傷している状態なので、万全とは言えないでしょう。

それ故に王翦を討ち取れるまたとない好機と言えます。

そのため司馬尚は自分の判断で、ここで動けば王翦を討ち取れると考えて動き出したんじゃないかなと思いますね。

 

キングダム781話ネタバレ確定速報!

キングダム781話の内容が判明いたしましたので、追記していきます。

 

キングダム781話ネタバレ速報:飛信隊が趙の門を打ち破る

飛信隊の勇気と策略が再び輝きを放ちます。

飛信隊は、巨大な木を使って作った簡易ながらも強力な槌を手に、趙国の土塁の門に挑んでいます。

この戦略に趙の兵士たちは驚愕し、異変を察知するのが遅れたのです。

その結果、飛信隊の4人が怒涛の勢いで門に突撃する状況となりました!

趙兵は、まさか自分たちの正門が攻撃されるとは予想しておらず、弓兵の配置が手薄になってしまっていました。

慌てて兵を正門に回す動きが見えますが、飛信隊の槌による攻撃は容赦なく続きます。

攻撃の先頭には、新参者の一人である衛斗がいます。

彼の活躍が光る中、果たして門突破は成功するのでしょうか?

その一方で、秦の兵士たちは梯子を上る動きを止めません。

指揮官の河了貂は後方から全体の状況を見守っています。

元麃公兵の我呂は「この砦は思ったほど強くない」と信に報告し、信は土塁の上から彼らを見下ろしている李牧に対して鋭い視線を向けています。

まさに息をのむような緊張感に満ちています。

 

キングダム781話ネタバレ速報:中央軍の戦いが激化

中央の戦場で熾烈を極める戦いが繰り広げられていました。

倉央軍とジ・アガ軍の間の戦闘は、その激しさを増すばかり。

戦場を見渡す倉央の表情は、見るものを圧倒するほどに厳しいものでしたが、心中には燻る怒りが渦巻いていました。

「長年育てた精鋭たちが、あっけなく倒れていく…」と。

しかし、敵であるジ・アガの精兵たちもまた、卓越した戦闘能力を持っていることを認めざるを得ませんでした。

「強者同士の戦いは、確かに死と隣り合わせだ」と倉央は考える。

ジ・アガは、糸凌とその精兵にも過酷な挑戦を投げかけていました。

そんな中、倉央が自ら戦いに参加しようとした瞬間、彼を制止する声が響き渡ります。

その声の主は、田里弥軍ジ・アガを討つべく、動き出していました。

山秀がジ・アガの攻撃を防ぎ、蛇輪公と申赫楽が剣を振るう。

彼らの一撃は、ジ・アガにとって致命的ではなかったものの、決して軽視できるものではありませんでした。

「この戦いは、俺と糸凌に任せろ」と申赫楽は宣言し、田里弥と蛇輪公に、より緊急の任務である亜光の下へ向かうように指示します。

田里弥が申赫楽の言葉に同意し、動こうとしたその瞬間、彼の前に司馬尚が立ちはだかります。

司馬尚の一撃は、抵抗する間もなく、蛇輪公らを真っ二つにしてしまう!

 

キングダム781話ネタバレ速報:楊端和軍の戦略的挑戦

秦の左翼と趙の右翼が激突しています。

ここでは、馬南慈と山の民を率いる楊端和軍が、強力な趙軍と対峙していました。

特に、趙軍の中で目立っているのは、その独特の武器を振るうバジオウ。

バジオウの奮闘は、戦場全体に影響を与えています。

しかし、この緊迫した状況の中で、舜水樹は冷静に戦況を見守っていました。

舜水樹の眼差しは、バジオウ軍の動きをじっくりと分析しているかのようです。

楊端和の指揮下で、山の部族たちは報告会を開催してフィゴ族が足止めされ、バジオウ軍が巧みな戦術を展開していることを報告し合っています。

バジオウ軍の実力は、楊端和にとっての右腕であることを示しています。

「相手は舜水樹か」と、楊端和軍も敵の情報を把握している様子。

しかし、彼らは左側で大きな被害を受けており、その原因は「骨珉伯」という武将にあるようです。

この特徴的な髪型と表情を持つ男に、楊端和は冷静な分析を加えているのでした。

 

まとめ

以上がキングダムの781話の考察についてでした。

現状は五分五分の感じになるでしょうが、勢いだけを考えると司馬尚達の方が上なので徐々に劣勢に立たされることになるんじゃないでしょうか。

しかし知略においては李牧にも引けを取らない王翦の事ですから一発逆転の策を披露する可能性があるのでどうなるか分からず、逆にどんな展開になるのか楽しみです。

\今だけ全巻半額で読める!/

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

>>キングダムを今すぐ読む<<

今回は『キングダム781話ネタバレ最新話確定速報!飛信隊の土塁突破作戦実行!』と題してお届けしました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました