「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

キングダム786話ネタバレ最新話確定速報!ジ・アガ断ち切られる寸前

kingdom-786-netabare キングダム
Pocket

糸凌がカン・サロ達相手に戦い始めようとしていて、倉央と田里弥が司馬尚軍の元へと向かう事となった「キングダム」。

前回の話で倉央と糸凌がどのようにして結ばれたのかが明らかになりましたが、それが死亡フラグなのではないかとされています。

なのでそのフラグを乗り越える事が出来るのか、倉央達の目論見が司馬尚軍に通じるのかに注目が集まっているのです。

倉央軍と田里弥軍は司馬尚軍の武器は推進力であると感じ、それを止めるために背後から攻撃をすると言う作戦を取る事にしました。

その作戦が通じるのかどうか、気になるところですね。

今回は『キングダム786話ネタバレ最新話確定速報!ジ・アガ断ち切られる寸前』と題してお届けしていきます。

 

キングダム786話ネタバレ最新話考察!

それではキングダムの786話の考察について述べていこうと思います。

考察については以下の通りです。

 

キングダム786話ネタバレ最新話考察:司馬尚軍の勢いは衰えるか?

倉央軍と田里弥軍が司馬尚軍の武器が推進力によるものであると感じ取り、背後から攻撃をしようとしていました。

背後から攻撃をして司馬尚軍の勢いが落ちるかどうかと言われたら、どうなのかは半々くらいなんじゃないでしょうか。

まず常識的に考えて、背後からの攻撃自体は有効な手段の一つです。

敵側の立場から考えると背後から攻撃を受けるであろうと言う想定はしていないでしょうし、特に勝っている時がそれが顕著と言えるでしょう。

司馬尚からしてもこうして安全に王翦の本陣を攻めれているのは、ジ・アガ、カン・サロ、楽彰、フーオンと言う優れた武将達が王翦軍の名だたる武将達を抑えているからです。

こうして安心して攻めている最中に背後から攻撃をされたら、想定していないので混乱してしまうのは必須と言えます。

混乱に関しては相手が大軍であればあるほど大きくなり、倉央軍と田里弥軍の現在の総数は恐らく司馬尚軍の本隊よりも少ないため成功すれば混乱はすると思いますね。

ただ司馬尚次第では失敗に終わる可能性もあります。

司馬尚は思い切り王翦軍を攻め立てている状態ではありますが、もしかしたら自分の武将達が突破されているのも想定していそうな気がしますね。

仮にも青歌軍の大将であり、三大天の地位になる事をこの戦いまで拒んでいて、現在の趙の政治に関わっていない事からもただの戦闘狂と言うわけではないと思います。

そのため万が一に備えての準備をしている可能性が無くもないのです。

何も準備していなかったら勢いは衰える事でしょうが、準備していた場合返り討ちに遭う事になるんじゃないでしょうか。

 

キングダム786話ネタバレ最新話考察:亜光は王翦元への到達は可能か?

倉央軍と田里弥軍が司馬尚軍へと向かっています。

亜光軍も向かおうと思えば向かえそうな気がしなくもありませんが、可能性としては低いんじゃないでしょうか。

亜光軍は司馬尚軍が本格的に侵攻していく前から李牧軍に釣られてしまい、亜光自体負傷してしまいました。

そこから畳みかけるかのようにフーオン軍と楽彰軍の両方の相手をしていて、楽彰を負傷にさせた亜光ですがまだフーオン軍が残っています。

そこからフーオン軍を蹴散らして助けに行こうとしても、殆ど体力を使い果たしているので、行くのは厳しいと言えます。

他の軍と違って連戦が何度も行い、しかも負傷者や死傷者が大勢出ていると思いますので、仮に向かったとしても役に立つかどうかと言われたら怪しいところだと思いますね。

そのため司馬尚軍の元に向かう倉央軍達の行く手を遮るような形で立ち塞がるのであれば、可能性としては十分にあると思います。

 

キングダム786話ネタバレ最新話考察:王翦は李牧の壁を越えられるか?

王翦軍は知略においては秦の中では有数の実力者でありますが、趙での戦いでは李牧に常に先に先手を打たれている状態になっています。

これまでの戦でも、先の趙侵攻戦でも李牧の策によって中々身動きが取れず、桓騎も死亡する形となってしまったのです。

そして今回も李牧の作戦によって引っ掻き回されている状態となっています。

そのため王翦の中では李牧は最大の壁として立ち塞がっていると言えるでしょう。

趙を滅ぼすには王翦が李牧を上回らないといけないので、彼をあっと言わせるような策を打ち立てていかないとじり貧だと思いますね。

 

キングダム786話ネタバレ最新話考察:王翦の勝利への筋書き現れるか?

今のところ王翦を総大将とした秦軍は李牧の作戦によって引っ掻き回されている状態になっています。

そのため勝機を見いだせている状態にありません。

勝機の鍵は信の行動次第ではないでしょうか。

信は李牧の作戦で砦に釘づけにされ、いなくなってしまったので撤退しましたが自軍の元に向かうならば、勝機はあると思います。

信が不在の飛信隊は袁環軍と戦っていて、王賁軍が加勢に入っている状態です。

そこへ信が戻ってくれば、元々遊撃部隊の立場の王賁軍がここにいる理由がなく、すぐさま全軍を率いて本陣へと戻る事が可能。

そうする事で少しは勝利の道筋は見えるんじゃないでしょうか。

 

キングダム786話ネタバレ最新話考察:倉央と糸凌の二人の行方は?

785話では倉央と糸凌の馴れ初めについてが書かれていました。

前回の戦での桓騎の過去の事を踏まえると、2人とももしくは片方が命を落としそうな感じになってしまったと言っても過言じゃないでしょう。

倉央は何とか生き残りそうな気がしますが、糸凌の方は厳しいかもしれません。

カン・サロとジ・アガの両方を相手しないといけませんし、カン・サロに関しては本気を出す事を決めています。

2人が今回の戦で無事に生きて帰れるかどうかは、糸凌にかかっていると言っても過言じゃないでしょう。

 

キングダム786話ネタバレ最新話確定速報!

キングダム786話の最新情報が分かり次第、ネタバレとして更新いたします。

 

キングダム786話確定速報:申赫楽と山秀が驚異の力を見せる!

これまで田里弥が率いる必殺部隊の三将として期待されていた彼らですが、蛇輪公の敗北によりファンは失望を感じていました。

しかし、この章では申赫楽と山秀がその失望を払拭し、真の力を見せつけます。

糸凌が危機に陥るシーンから始まります。

糸凌はカン・サロとジ・アガという強敵と対峙していましたが、申赫楽と山秀が意外にも糸凌の救援に現れます。

 

キングダム786話確定速報:糸凌はジ・アガを打ち倒す!

田里弥率いる必殺部隊の二将、申赫楽と山秀の活躍により、糸凌はジ・アガとの戦いに集中できるようになりました。

この展開はまるで、糸凌が最初に直面していた挑戦に戻ったかのようです。

しかし、ジ・アガは既に戦いの傷を負っており、これが糸凌にとっての大きな利点となります。

ジ・アガは強敵ですが、既にダメージを受けており、糸凌にとってのチャンスとなっています。

糸凌は力ではジ・アガに劣るかもしれませんが、スタミナとスピードで彼に勝ることができます。

ジ・アガの動きが鈍る中、糸凌の速さと機敏さが勝利をもたらすでしょう。

この戦いの展開は、戦況に大きな変化をもたらします。

青歌軍や李牧も、ジ・アガが討ち取られるという事態を想定していなかったでしょう。

 

キングダム786話確定速報:倉央の大胆な後方攻撃

戦場での緊迫した瞬間に焦点を当てています。

後方からの追撃の危険を免れた倉央たちが、大胆不敵に司馬尚軍の後方へと突進します。

この勇敢な行動は、戦略的な勝利への道を切り開く可能性を持っていますが、司馬尚軍らの前には新たな挑戦が立ちはだかります。

関常率いる玉鳳隊の横撃が通用しなかったことは、司馬尚軍の強固な防御力を物語っています。

倉央たちが後方からの攻撃に挑むものの、司馬尚軍らもまた同様の困難に直面する可能性があるでしょう。

 

まとめ

以上がキングダム786話の考察とネタバレについてでした。

倉央の目論見通りに上手くいけば、ひょっとしたら勝機が生まれる可能性がありますね。

しかし通じなければ劣勢なのには変わりなく、逆に返り討ちに遭う恐れだって十分にあると思います。

それでもやるしか道が無いので、どんな結果になるのか気になるところですね。

今回は『キングダム786話ネタバレ最新話確定速報!ジ・アガ断ち切られる寸前』と題してお届けしました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました