三面ダム緊急放流ってヤバい?決壊と放流の違いや避難経路・ハザードマップ紹介

miomotedamu-emergency-release ニュース
Pocket

気象庁によりますと午後7時15分に山形県や新潟県に大雨の緊急安全確保を発表しました。

  • 米沢市
  • 南陽市
  • 高畠町
  • 川西町
  • 長井市
  • 飯豊町

5段階の警戒レベルのうち最も高いレベル5の最大級の警戒が必要とのことです。

そこで、川氾濫推移に達してしまったため三面ダムの緊急放流をすることになったそうです!

避難経路やハザードマップもご確認ください。

今回は『三面ダム緊急放流ってヤバいの?決壊と放流の違いや避難経路・ハザードマップ紹介』と題してお届けしていきます。

 

三面ダム緊急放流ってヤバい?

2022年8月3日午後8時30分から新潟県村上市の三面川の上流にある三面ダムの緊急放流を開始すると発表されました。

大雨の影響で三面川の水位が上昇し過ぎているため、川から離れるよう自治体の避難情報に注意が必要であると呼びかけている状況です。

 

緊急放流の影響

ダムの緊急放流は、貯水量が満水になりそうになるとダムの貯水量が満水になるくらいの降水量の場合、下流地域は土石流や地滑りの被害がでたり、限界のところをひたすら耐えているケースが多いのです。

なので、ダムの緊急放流は下流地域に住んでいる住民にとって波風を立てる思いです。

緊急放流では川の水かさが増すため、川氾濫による水害のリスクは非常に高くなってきます。

 

決壊と緊急放流の違いは何?

集中豪雨の際によく「決壊」や「緊急放流」という言葉を聞きますが、違いか何でしょうか?

分かりやすく解説していきます。

 

決壊とは

決壊を簡単に言うと「ダムや堤防が途中から切れてしまい崩壊すること」です!

堤防やダムなどの水門が切れて崩れてしまうと、水が現状のまま川に流れてしまうことになります。

また、川が氾濫する恐れがあるというニュースがあった場合は「大雨により堤防が決壊する恐れがある」場合と同じ意味になります。

 

緊急放流とは

緊急放流とはダムにこれ以上貯めることは限界というサインです。

ダムはもう限界を超えているので、ダムに水を貯めるということは難しくなっています。

三面ダム緊急放流時の避難経路・ハザードマップを紹介

三面ダム緊急放流時の各地区の避難経路ハザードマップを紹介していきます。

 

三面ダム緊急放流時(荒川地区)の避難経路ハザードマップ

三面ダム緊急放流時、荒川地区の避難経路ハザードマップをご確認ください!

こちら→ miomotedam-arakawa

 

三面ダム緊急放流時(村上地区)の避難経路ハザードマップ

三面ダム緊急放流時、村上地区の避難経路ハザードマップをご確認ください!

こちら→ miomote-dam-murakami

 

三面ダム緊急放流時(山北地区)の避難経路ハザードマップ

三面ダム緊急時、山北地区の避難経路ハザードマップ(作成中です)

 

三面ダム緊急放流についての世間の反応

三面ダム緊急放流について世間の反応は下記の通りです。

などなど、当然ながら心配の声が多いですよね。

避難区域の皆様、まずは身の安全を第一にお気を付けくださいませ。

 

まとめ

如何だったでしょうか。

  • 三面ダム緊急放流
  • 避難経路やハザードマップ
  • 決壊
  • 放流

どうか、大変だと思われますが流域の方は特にお気を付けください。

今回は『三面ダム緊急放流ってヤバい?決壊と放流の違いや避難経路・ハザードマップ紹介』と題してお届けしました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました