ウーバーイーツの料金システムについて解説!出前館とも比較紹介

uber-eats-fee-system Uber Eats

最近は「フードデリバリーサービス」が話題になっております。

ひと昔前までは「ピザ」や「寿司」屋さんに電話をかけて注文するのが主流でしたが、今はスマートホンやパソコンで簡単に注文ができ便利な世の中になりましたね。

そこで最近なにかと注目されているのは『Uber Eats(ウーバーイーツ)』です。

東京都心に限らず、自転車やバイクに乗った配達員さんの姿を何処でも目にする機会が増えてように感じます。

そんなUber Eats(ウーバーイーツ)の料金システムや出前館など他社の料金も気になりますよね。

現在はウイルス対策で皆さん外食することを控える傾向もあって、今後はさらにフードデリバリーサービスが増えてくると思われます。

今回、Uber Eats(ウーバーイーツ)の料金システムや出前館など他社も比較して詳しくご紹介いたします。

 

ウーバーイーツ(Uber Eats)料金システムについて解説

Uber Eats(ウーバーイーツ)は2014年アメリカのカリフォルニアが発祥地でオンラインフードデリバリーサービスです。

日本でサービスを開始したのは2016年に東京都を中心に「飲食店の料理」をデリバリー展開。

現在(2021年5月)全国サービスエリアは(繁華街を中心とした)35都道府県に拡大中です。

外食でしか味わえないおいしい料理からファーストフード店の食べ物まで、気軽に自宅まで届けてくれるサービスの料金システムについてご紹介いたします。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)では、支払いに関して

  • 配送手数料
  • サービス料
  • 少量の注文の配送手数料

など、注文した際の状況によって手数料が異なります。

 

配送手数料とは

お客様に商品をお届けする配達手数料のことになります。

実際のお届け先の距離や配達パートナーによる兼ね合いで算出されて決定しております。

状況によって手数料が異なります
  • 配達する地域
  • 混雑しているとき
  • 天候が悪いとき(雨や台風など)
  • 配達パートナーの数

そのため、いつもと同じ配達手数料ではない、変動制になっていますので配達料が気になる場合は事前にアプリの中(飲食店)でチェックができます。

 

サービス料とは

ウーバーイーツにて配達を利用する際は、注文される商品の10%がサービス料金として発生いたします。

店舗(飲食店)のスタッフがお届けする場合は、

このサービス料金は発生しないようになっていますよね!

 

少量の注文の配送手数料とは

注文される合計金額が700円に達しない場合は少量の注文ということで別途、手数料が発生します。

※この少量注文による手数料は固定で150円が請求されます。

注文するときに700円以上にしないと損しちゃいますね!

手数料150円は高いな~

ウーバーイーツ(Uber Eats)の料金の支払い方法

注文する店舗によっては多少の違いがございますが、基本的には下記の3パターンでの支払い方法が利用できます。

  • 現金支払い
  • 電子マネー支払い(PayPay・LINE Pay・Apple Pay)
  • クレジットカード・デビットカード支払い

 

現金にて支払い

クレジットカードをお持ちでない方やカードの登録が困難で不安の方は現金支払いをお勧めします。

現金にてお支払いの場合、料理を届けてくれる配達の方に直接、現金をお渡しいたします。

注意点
  • 現金払いは上限金額が10,000円と設定されており、配達員によっては現金払いに対応しないケースがあるため注意が必要です。
  • 現金払いで、お釣りを受け取ることも当然可能ですが配達員が小銭を多く持っていない場合もありますので、なるべくお釣りが出ないよう事前に現金を準備しましょう

 

電子マネーにて支払い

各種電子マネー
  1. PayPay PayPayでの事前決済での事前の決済が可能です。
  2. LINE Pay 銀行口座やセブン銀行・ファミリーマートからもチャージできるLINE Payで                         支払いも対応しています。
  3. Apple Pay Apple(iPhone)で利用できるApple Payでの支払いにも対応しています。

PayPayLINE Pay「事前支払いのみ」対応していますので受け渡し時にQRコードやバーコードで支払うことはできないので注意が必要です。

 

クレジットカード・デビットカードにて支払い

カード決済につきましてはクレジットカードやデビットカードに対応しておりますが、ご利用する店舗によってはデビットカードの利用ができないこともありますので事前に確認が必要です。

クレジット・デビットカードにて支払い

クレジットカード

  • VISA
  • JCB
  • アメックス
  • マスターカード
  • ダイナース

※クレジットカード決済は国内で発行のほとんどが利用可能です。

デビットカード

  • 三菱UFJ銀行VISAデビット
  • みずほ銀行JCBデビット

※発行会社によっては使えないカードもあるため事前に確認が必要となります。

出前館とのサービス比較

ウーバーイーツは2016年からデリバリーサービスが始まり注目されていますが、出前館は2000年よりデリバリーサービスの歴史が長いこともあり安心感がありますね。

2社比較

          ウーバーイーツ    出前館

  • 配達エリア  35都道府県      47都道府県
  • 店舗数    70,000店舗以上   60,000店舗以上
  • 手数料    料理金額の10%    店舗による
  • 送料     50円~       店舗による
  • 配達スタッフ 業務委託      店舗スタッフ・出前館アルバイト・業務委託
  • 報酬単価   500円位      600円~700円位

※2021年5月現在、あくまでも概算となります。

 

まとめ

最近、なにかと注目されている「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の料金システムや出前館など他社の料金を比較してみました。

現在、ウィルス感染対策として外食を控える傾向もあり、こういった需要が今後は増していくことは間違いないと思われます。

今回は「ウーバーイーツの料金システムについて解説!出前館とも比較紹介」いたしました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました