ウーバーイーツでチップの相場はいくら?支払い方法をご紹介

uber-eats-tip-market-price Uber Eats

ウーバーイーツ(Uber Eats)を利用してみて、チップを渡したくなることはありませんか?

  • とても感じのいい配達員さんだった
  • すぐに配達してくれて、ありがたかった
  • レストランの料理がとても美味しかった
  • 感謝の気持ちを伝えたい

 

でも、どうやって渡したらよいのか?チップの相場はいくらなのか?気になりますよね。

今回、ウーバーイーツ(Uber Eats)のチップの相場はいくら?支払い方法について詳しくご紹介いたします。

 

ウーバーイーツ(Uber Eats)のチップの渡し方

ウーバーイーツの配達員に対してチップを渡したくなることってありますよね。

海外に旅行とかに行かれた方はご存じだと思いますが、チップを払うのは当たり前となっておりますが、日本ではチップに関して必須ではないため、任意で感謝を伝える意味で支払う感じです。

ウーバーイーツではチップの渡し方が2通りあります。

  • アプリ機能を使ってチップを渡す
  • 現金に手渡す

では、さっそくご紹介していきます。

 

アプリ機能を使ってチップを渡す

ウーバーイーツに料理の注文を確定する際に配達員さんに対しチップを支払うことができます。

ですが、注文するタイミングでチップを払っても「実際に料理がきちんと配達されるのか?」は届くまでは心配ですので、ほとんどの方は料理が届く前からチップを渡すことはないと思います。

そこで、配達員さんが料理を無事に届けてくれた後に配達員の評価をすることができて、「チップ」を払うことができます。

配達員さんに料理を届けてもらった後、アプリで「以前のご注文」というタブの評価とチップ」というボタンからチップを選んで渡す事が出来ますよ!

チップを渡したくなるポイント
  • 配達員さんが礼儀正しい対応で気持ちがよい
  • 注文してから敏速かつ丁寧な対応
  • 気配りができる(メッセージ機能にてお届け前に連絡)
  • 天候が悪く配達が困難のとき
  • 料理が美味しかった(料理を提供してくれた店舗にもチップを渡すことができます)

などの対応してくれたときにチップを渡したくなりますよね!

 

チップを現金で手渡しで渡す

ウーバーイーツではお支払いの際にクレジット決済だけではなく、現金払いも選択できます。

配達員さんに料理を届けてもらって、お支払いの際に現金を多めに渡して残りはチップという事もできます。

例)よくタクシーを乗車して目的地に到着の際、運賃の支払いで3,500円のところ4,000円払って「お釣りは飲み物でも買ってください!

みたいな感じで渡すのがよいのでは?

金額に関係なく、配達員さんはチップを貰えたことで

気持ちが良いですよね!

 

チップの相場について

uber-eats-tip-market-price

 

 

 

 

 

 

 

日本人にとって、チップの存在はあまり意識していない人がほとんどだと思います。

そこで海外(アメリカ)でのチップの相場について解説していきます。

 

アメリカでチップを払う場合

アメリカでのチップといえば、レストランやホテルが思い浮かぶのではないでしょうか?

アメリカでチップを払う場合の一例
  1. 一般レストラン:一般的に15~20%をチップとして払うのがルールとなっています。
  2. 高級レストラン:サービスの質にかかわらず20%払うのがるルールとなっています。(ちなみに冬場の寒いときにコートを預かってくれるようなレストランは、コートの受け取りの時に1着につき1~2ドルのチップを払うのがルールとなっています)
  3. タクシー:一般的に15%~20%で渡すタイミングは最後の支払いのときです。(20%払うのは、トランクに荷物の出し入れを手伝ってもらった場合や、寄り道で5分以上待たせたときなどです)
  4. ホテル:部屋の清掃員に対して1~5ドルのチップを支払います。(金額は、部屋のグレードで異なりますがシングルが1ドル、スイートが5ドルが一般的です)

 

ウーバーイーツでチップを払う場合

日本のウーバーイーツでも2020年5月からアプリでチップ機能が使えるようになりました。

アプリ内では注文される金額の5%~20%となっております。

チップの支払い期間としては料理を受け取ってから30日以内と決まっておりますので、アプリの場合は好きなタイミングで支払うことができます。

現金のお支払いの場合は、料理を受け取ったときのタイミングですね!

 

チップを貰った配達員の感想は?

 

まとめ

ウーバーイーツでチップの相場はいくら?支払い方法について如何だったでしょうか?

日本ではチップの支払いは海外と違い、もらえる頻度は多くはありません。

ただ、料理を気持ちよく運んでくれた配達員さんや、美味しい料理を作ってくれたレストランに対して感謝の気持ちをチップとして伝えることは良いことだと思います。

配達員さんにとってもチップがもらえたら本当に嬉しいですし、

モチベーションも上がりますよね!

昨年(2020年5月)アプリ上でチップを送る機能も実装され、以前と比べたらチップがもらえる頻度は多少でも増えたのではないでしょうか。

今回は「ウーバーイーツでチップの相場はいくら?支払い方法をご紹介』いたしました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました