ポケモンSVで3D酔いの対策は?軽減する設定方法も調査!

pokemonsv-3d-sickness ゲーム
Pocket

ポケモンファンが待ちに待ったポケモンSVですが立体的にゲームをプレイした時に起こる3D酔いは辛いですよね!

3D酔いには個人差がありますが、設定にて軽減することもできるかもしれません。

この記事ではポケモンSVについて

  • 3D酔いなぜ起きるのか?
  • 3D酔いの対策
  • 軽減する設定方法

などについて紹介していきます。

今回は『ポケモンSVで3D酔いの対策は?軽減する設定方法も調査!』と題してお届けしていきます。

 

ポケモンSVで3D酔いなぜ起きるのか?

3D酔いとは、3D空間にてゲームなどで遊んでいて映像の揺れや速度の情報を学習していき過程で起こる副反応と思われます。

その症状としてゲームをプレイ中に起きてしまう

  • 頭痛
  • 目眩
  • 嘔吐

など乗り物酔いと似たような症状が3D酔いではないかと思われます。

また、ゲームの映像が脳に伝えた信号を現実感覚と異なり、脳が修正するために起こっているのが3D酔いです。

 

ポケモンSVで3D酔いなぜ起きるのか?乗り物酔いと似ている

3D酔いが起こる理由として、明白になっている訳ではございませんが最も有力とされるものとして、三半規管が弱くなっている可能性があります。

なので、ゲームをプレイしているときにキャラクターの映像などが激しく動きますが、プレイしている本人の体は動いていないので、脳の感覚が乗り物酔いと似ている症状だと考えられています。

 

3D酔いの軽度

3D酔いの軽度には下記のような症状があります。

  • 眠気
  • あくび
  • 疲労

※軽度の症状でも油断しないで休憩をとるようにしましょう。

 

3D酔いの重度

3D酔いの重度には下記のような症状があります。

  • 頭痛:頭頚部に痛みが生じる
  • めまい:目が回る・目がくらむといった症状
  • 吐き気:嘔吐しそうな不快感
  • 冷や汗:血の気が引くといった症状
  • 動悸:心臓がドキドキと早く感じる

※上記のような重度な症状が出た場合、ゲームのプレイ中であっても一旦やめて、ゆっくり休むようにしましょう。

 

ポケモンSVで3D酔いの対策は?

ポケモンSVに限らずゲームをプレイする際、3D酔いを避ける対策について紹介していきます。

>>ポケモンSV進行不能バグで動けない時の直し方!

 

ポケモンSVで3D酔いの対策:部屋を明るくする

リアリティ感を求めて部屋を暗くし、ゲームに熱中する気持ちは分かります。

そしてゲームプレイ中の部屋が暗いということは、自分の視界にゲーム以外の映像が入っていないという状況です。

結果、自分は体が動いていなくても脳が勝手に動いている状態に錯覚してしまい3D酔いになりケースが多いです。

ゲームをやるときは部屋を明るくして、ゲーム以外でも自分の視界に入ってくるようにしましょう!

 

ポケモンSVで3D酔いの対策:画面から距離をとる

ゲームをプレイするときは画面から距離をとるようにしましょう。

視聴距離として推奨されているのは画面の高さの3倍とされていますが、ゲームをプレイをする場合はそれ以上離れるようにしましょう!

 

ポケモンSVで3D酔いの対策:寝不足・疲れている時はゲームを控える

ゲームで遊びたい場合でも「寝不足」や「疲れている」ときはゲームは避けるようにしましょう。

寝不足の場合、特に3D酔いの現象が起こりやすいので気を付けてください。

疲れているときはゲームをしないで、睡眠をしっかりとるようにしましょう。

 

ポケモンSVで3D酔いの対策:飲酒した時はゲームを控える

日々、ゲームをしていても飲酒をしていて3D酔いしたという方も多いようです。

お酒が強くて多少飲酒しながらテンションを上げてプレイするのであれば問題ありませんが、なるべく飲酒した際はゲームをするのは控えるようにしましょう!

 

ポケモンSVで3D酔いを軽減する設定方法

ポケモンSVで3D酔いを軽減する設定方法をご紹介いたします。

 

ポケモンSV3D酔いを軽減する設定方法:3Dブレ防止機能(ZL長押し)

ZLボタンを長押しすると(通常ポケモンに照準を合わせる機能)なんですが、3Dブレ防止機能にも効果がありますので是非試してもて下さい。

 

ポケモンSVで3D酔いの対策は?まとめ

ポケモンSVで3D酔いについて如何だったでしょうか。

  • 3D酔いなぜ起きるのか?
  • 3D酔いの対策
  • 軽減する設定方法

などについて紹介していきます。

今回は『ポケモンSVで3D酔いの対策は?軽減する設定方法も調査!』と題してお届けしました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました