「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ全話!最終回結末の進行を徹底検証!

yandere-netabare 女性マンガ
Pocket

あなたも気になっている「ヤンデレ魔法使いは石像の乙女しか愛せない」という話題のファンタジー漫画、ご存じですか?

主人公のララが20年の眠りから覚めた時、年齢逆転のサプライズと、彼女を心から愛する弟子のアリステアの熱い想いが待っていました。

この作品の展開やどんな結末で進行していくのか、ネタバレ全話と最終回の予想を共有したいと思います。

今回は『ヤンデレ魔法使いは石像ネタバレ全話!最終回結末の進行を徹底検証!』と題してお届けしていきます。

 

Contents

ヤンデレ魔法使いは石像ネタバレ全話!

ヤンデレ魔法使いは石像の乙女しか愛せない」について1話から22話までご紹介していきます。

ネタバレの内容も含まれますのでご注意願います。

 

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ1話!

痛みを感じながら目を覚ました少年は、男性に背負われていました。

彼の首にかかっていた魔石のネックレスが砕け散っていたことから、何か大きな出来事があったことを理解します。

そして、彼の大切な師匠、ララの命が失われたことを悟り、深い悲しみと絶望に打ちのめされます。

それを知るためには、少し前の出来事を振り返ると、魔術の都で名高い魔術師長ルトフェルから、ララに魔物退治の依頼が来たのです。

彼女はまだ未熟な魔術師としてのスキルに自信がなく、心の中で多くの不安を感じていました。

しかし、ララにはその依頼を断る権利はありません。

ルトフェルは依頼の魔物はそれほど強くないとし、弟子のアリステアを連れて行くよう指示。

この任務についてアリステアに説明すると、彼はそれを反対します。

しかし、ララはアリステアの能力を信じ、危険を感じたら逃げることを約束しました。

魔物退治の現場に到着すると、何かがおかしい。

魔物の気配が全くなく、不安と違和感が2人を襲います。

その中でアリステアは、ララへの感謝と未来の夢を語り、彼女との結婚を願っています。

しかし、ララはアリステアを恋愛対象として見ていなかったのです。

その時、恐ろしい魔物の声が響き渡り、巨大な竜が2人を襲ってきました。

アリステアを守るため、ララは彼を逃がそうとし、傭兵にアリステアの安全を託します。

しかし、ララ1人では竜に立ち向かうのは難しい。

そのピンチの瞬間、ララがとった意外な行動とは?

 

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ2話!

ララは20年の長い時を超え、見知らぬ場所で目を覚ました。

目の前には、ゴージャスなドレスが身に纏われている自身の姿があった。

戸惑いながらも、ララはこの状況を受け入れ、外の世界へ足を踏み出しました。

ララがたどり着いたのは、ガーディナー領という場所。

散策しながら、孤児院や教育施設の存在を知り、地域社会の深い絆を感じました。

そして、その絆の中心には、孤児でありながらもこの土地を守るために竜と戦い、領民たちの信頼を得た領主がいました。

しかし、そんな領主には奇妙な噂が流れていました。

彼は女性に興味がなく、石像の美女に心を奪われている」というもの。

そして、ララがその石像であることに気づいたとき、ララの心は高鳴りました。

彼女は、石像の行方を尋ねるため、領主のもとへと向かったのです。

やがて謁見の扉が開き、ララの前に立ったのは、期待を裏切らないイケメン領主でした。

彼は、言葉もなくララをその胸に抱き寄せました。

この再会は運命だったのか、それとも偶然の一瞬だったのか。

ララと領主の物語が、今から始まろうとしています。

 

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ3話!

24年前、ララの日常に一つの転機が訪れました。

ルトフェルからの予期しない提案:弟子をとること。

なぜ彼女が選ばれたのか、その答えは地下室の中にありました。

閉ざされた扉の先、ララが見たのは、世の厳しさを知りすぎた若き少年、「アリステア」。

彼の傷ついた瞳には、人との関わりを恐れる精霊が宿っていました。

一歩、彼に近づくたび、精霊はララを追い払おうとしました。

しかし、ララは諦めませんでした。

ララは彼の目の前で膝をつき、手を伸ばすことなく、アリステアの心と繋がろうと努力したのです。

アリステアの不安な声「僕が怖くないの?」に、アリステアは静かに微笑み優しく話しかけました。

それは新しい師弟関係の始まりであり、彼らは一緒に過ごす日々を紡ぎ始めました。

ララは持てる愛情を全てアリステアに注ぎ込みました。

しかし、アリステアの心の傷は深く、完全に治ることはないかもしれない。

それでも、ララはアリステアの隣で、一緒に前へと歩んでいくことを誓ったのです。

 

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ4話!

失われた時の中で…ララは意識が遠くなっていた。

ララが再びこの世に目を開けた時、石像伝説の村の言い伝えが心に蘇った。

かつてアリステアからのプロポーズを受けていたことは、古い記憶の中にぼやけていた。

あの頃の二人と今の二人は、まるで違っているとララは信じていたのです。

しかし、部屋の扉が開き、アリステアが彼女の側に現れた。

アリステアの目は真剣で、ララの安否を気遣う様子が見て取れた。

「師匠」という呼び方に違和感を覚えたララは、自分の名前で呼んでほしいと伝えた。

アリステアは一瞬の沈黙の後、突然「ララ、私と結婚してください」と言った。

彼の真剣な眼差しに驚き、拒絶の言葉を口にしようとしたララだったが、彼の熱意に言葉を失った。

アリステアは、自身が最年少で国家魔術師になった経緯や、石化したララを見つけた時の心情、そして20年間もララを待ち続けてきたことを打ち明けました。

アリステアの想いを感じながらも、ララは少し困惑した。

待って、今抱きつくのは少し…。私、まだ体を洗っていないから…

 

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ5話!

過去の影が今を揺らす…

お風呂でリラックスしたいとララは申し出た。

しかし、ベッドに誘われ、ララの過去の痕跡、彼女が一度石像として存在していたことをアリステアは触れることで感じ取ろうとした。

石像の時も、こんな感触だったのか?」ララはその言葉に驚き、過去の記憶が彼女の心を打った。

アリステアはララの感情を察して、お風呂へと連れて行き、優しく彼女の身体を洗ったのです。

心地よい温かさの中で、彼らは互いに深いキスを交わし、その後アリステアは部屋を去った。

翌朝、ララは新しい環境に興味を持ち、外の世界を見たいと思ったが、アリステアはララに先に屋敷を見学するよう提案しました。

メイドの案内で屋敷を回ることになったララだったが、何となく屋敷を出ることに対する制約を感じ、ララの心には脱出の考えが浮かんできたのです。

 

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ6話!

ララはベッドに横たわりながら、アリステアの過去の変化に思いを巡らせていた。

ある晴れた休日、二人は近所の孤児院を訪れた。

子供たちとのふれあいの中で、ララは自分の夢を打ち明けた。

この子たちが笑顔で過ごせる、安心した未来を築きたい」と。

そんなララの純粋な願いに、若かったアリステアは真剣な目で頷いていた。

しかし、12歳になるとアリステアの態度は一変。

アリステアは強力な魔術の才能を手に入れたが、その才能の制御に苦しんでいました。

ララは彼のためにルトフェルという師匠に相談を持ちかけました。

ルトフェルの助言により、アリステアは一時的に魔術の修行を続けることとなった。

しかし、修行の日々は容易ではなかった。

ある日、アリステアは魔術の制御を失い、見習い魔術師を傷つけてしまう。

ララはその行為を叱責することができず、涙を流しながら「もっと人々から愛される存在になってほしい」と切なく願ったのでした。

アリステアはララの気持ちを全く理解できないようだったが、ララの願いが彼の心に何らかの影響を及ぼしたのか、アリステアは後に大きく成長しました。

しかし、その道のりにはさらなる試練が待っていたのだった。

 

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ7話!

アリステアは見習いの魔術師からの軽蔑的な言葉に怒り、思わず攻撃をしてしまった。

目の前の場面を見て、ララはアリステアがまだ心の中に抱えている深い傷を感じ取る。

ララはアリステアに近づき、「暴力で問題を解決するのは違う」と優しく諭す。

しかしアリステアは、時には自分の力を示すことの大切さを訴える。

ララは彼の背中を抱きしめながら、「力を持っているからと言って使うのは簡単だけど、皆と協力し合い、一緒に生きる力も同じくらい大切よ」と語った。

この一件で、アリステアは村の人々の視線に変化を感じるようになる。

心配したララは、長老であるルトフェルに相談を持ちかける。

ルトフェルは前向きな意見を返し、同時にララに縁談の話があると伝える。

しかし、彼女はアリステアをひとりにしてしまうことが許せないと心から断る。

ルトフェルは少し微笑みながら、「それなら、アリステアと一緒に家族を築く道もあるのでは?」と提案するが、それに対するララの返答は?

 

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ8話!

ララはアリステアを孤独にさせたくないという強い思いから、養子縁組を提案する。

しかし、それに対してアリステアは感情を露わにし別の解決策を示唆し、ララにプロポーズを投げかける。

冗談でしょ?」と驚くララ。

しかし、アリステアの瞳は真剣であることが伝わる。

ララは彼よりも年上の人を好きだという事実や、歳を重ねたときの違いを気にして、アリステアの提案を優しく断る。

だが、アリステアは簡単には諦めない。

アリステアは決意を新たに、「いつか、君の心を掴む」と宣言する。

そんな二人のやり取りを夢の中で見ていたララは、懐かしさに包まれながら目を覚ます。

ララが目を開けた瞬間、その先には…。

 

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ9話!

ララの目を魅了しているのは、なんとアリステアの横たわる姿だった。

驚いて彼に理由を尋ねると、アリステアは軽く笑い、「夢遊病なのかも?」と答えました。

その後、二人は深い絆を感じながら一緒に過ごしました。

その時、ララはアリステアの温かさと優しさに癒され、心から安堵を感じました。

アリステアもララに手を出すことなく、彼女の気持ちを尊重してくれました。

「これで十分なの?」とララがアリステアに尋ねると、「今はこのままがいい」と静かに答えました。

その後、アリステアはララを「デートに行かない?」と誘い、それを聞いたララは、半年ぶりの外の空気に興奮しました。

メイドたちの手で、ララは美しいドレスに身を包んだ。

その姿をアリステアは心からの微笑みで優しく見つめていました。

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ10話!

時を巻き戻すと…

ララは常に忙しい日々を送っていた。

ララの手には仕事の書類が山のように積まれ、時間に追われる日々が続いていました。

アリステアはララのその姿を見て、心からの憂慮を感じていた。

ララ、君がすべてを背負う必要はないよ。少し休んでもいいんだ」とアリステアは優しく忠告するのですが、彼女は頑なにそのアドバイスを拒むようでした。

しかし、アリステアはララの献身的な働きぶりに、自分たちが出会えた運命の価値を深く感じていたのです。

そして、アリステアは自分が孤児院の子供たちと同じ、ララが守りたいと思う子の一人だったことに気づくのでした。

アリステアの存在意義は、ただの恋人ではなく、ララが真心を込めて守る大切な存在だということに。

 

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ11話!

20年前のこと…

王都に突如として現れた竜の怒りにより、アリステアは重傷を負ってしまいます。

アリステアは急いで最寄りの病院へと運ばれ、意識が戻るまでの長い2日間が過ぎました。

目を覚ました彼の耳に入ってきたのは、この未曾有の災害が予想外であり、人々が大混乱に陥っていることでした。

ルトフェルはアリステアの病室に駆けつけ、「このような不運な事態にもかかわらず、お前が生きていることは喜ぶべきだ」と慰めの言葉をかけるものの、アリステアはその言葉を受け入れることができませんでした。

アリステア、君はララに守られ、生き延びた。その命、大切に生きてほしい」とルトフェルは続けますが、心は沈んでいたのです。

彼の家に帰っても、絶望の日々が続き、食欲も湧かずにいました。

それを知ったルトフェルは、アリステアの元へ食事を届けると共に、ララを傷つけた竜が森に定住してしまったことを告げます。

その事実は、アリステアにさらなる打撃として迫ってくるのでした。

 

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ12話!

アリステアが竜を倒すという決意を固めると、ルトフェルにその意志を明かし、助力を求めました。

当初、ルトフェルは驚きを隠せませんでしたが、アリステアの目には以前にない炎が灯っており、彼の決意に感銘を受け、支援することを決意するのです。

まずは、魔術の基礎からだな。」ルトフェルの指示で、アリステアは3棟の建物を解体し、再び立て直す修行を始めました。

この過程で、かつてララがアリステアに基本を大切にするように言っていた意味が、アリステアにとってはっきりと明らかになったのです。

日が経つにつれ、アリステアは自身の魔力の制御に課題があることを痛感しました。

ある日、アリステアはルトフェルとともに結界の外への旅に出たのです。

その旅先でアリステアの行動力と決意にルトフェルは驚愕し、アリステアが何か大きな目的を持って行動していることを理解しました。

年月が流れ、アリステアは修行を続けるうちに、自分だけがその竜に立ち向かえるという自信を持つようになりました。

そして、15歳の若さで彼は国家魔術師のレベルに達すると共に、アリステアの精神も大きく成長していました。

「これからの行動、どうするつもりだ?」ルトフェルの問いに、アリステアの答えは?

 

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ13話!

アリステリアが竜を倒すと、驚くことにその体内から石像が出現しました。

その不可解な光景に驚くアリステリアは、何かの手がかりかもしれないと感じ、その石像を自宅へと持ち帰ったのです。

石像を詳しく調べると、未知の素材でできていることがわかりました。

そして、石像の特徴からララが魔術によってこの石像と化してしまったのではないかという仮説を立てました。

ララを元の姿に戻すための方法を模索し始めるアリステリアの姿は、一途で真剣だったのです。

一方、ルトフェルは国王へと竜討伐の報告をしていました。

しかし、報告書の中に記載されていた”石像”の文言に思い悩む彼。

アリステリアからの連絡もなく心配したルトフェルは彼の家を訪れました。

部屋の中には、魔術に関するさまざまな書物が散らばっており、部屋の中央には先ほどの石像が置かれていました。

アリステリアから、石像が実はララだという真実を知らされるルトフェル。

二人はララを救うための方法を共に探し始めることとなったのです。

 

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ14話!

ララとルトフェルの初めての出会いは、不思議な縁によって結ばれたものでした。

かつて、ララは不慮の事故で石像と化してしまった。

ララの両親はその異変に驚き、彼らの知識の中でこんな魔術は存在しなかったのです。

恐れと不安から、彼らは森の中にララを置き去りにしてしまった。

翌朝、ララは森の中で石化から解けて目を覚ました。

ララは状況を理解し、生き延びるための方法を模索し始めたのです。

その頃、王都では特異な魔力を持つ子が森にいるとの噂が立ち、それを聞きつけたルトフェルがララのもとへとやって来ました。

しかし、突如の訪問者に驚いたララは再び石化してしまった。

ルトフェルはその驚異的な現象を目の当たりにし、ララを保護する決意するのです。

彼はララを王都へと連れて行き、彼女の特異な力について調べることとなりました。

この話を後にアリステリアに伝えたルトフェルは、ララが土の妖精から愛される存在であるとの見解を示しました。

アリステリアはララにそのような過去があることを知らず、驚きながらもララらしいと感じたのでした。

ララの過去の話を知ったことで、アリステリアはララの持つ特異な力と彼女の人生の価値をより深く理解することとなったのです。

 

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ15話!

竜を退治した功績として、アリステアは国王に、かつて竜が住んでいた土地の所有権を願い出ました。

国王はその土地に特に執着がなかったため、即座にアリステアの要求を認めました。

加えて、アリステアの偉業を称えて家名と伯爵の地位も与えられることとなったのです。

アリステアの目的と計画が順調に進む中、その土地を安全な場所に変えるため、ララの安全を確保する意味も込めて魔物たちを討伐し、広範囲の結界を張り巡らせました。

新たな領地の開発のため、多くの労働者を雇うことになったアリステア。

初めてその荒れ果てた土地を目にした多くの労働者たちは皮肉な笑みを浮かべましたが、アリステアの魔術師としての能力を目の当たりにした際、彼らの態度は一変。

アリステアの能力とビジョンに感銘を受け、新たな領地の発展のために力を合わせることとなったのでした。

 

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ16話!

領地が次第に繁栄していくにつれ、国王は自らその土地を軽く見て渡してしまったことを後悔し、怒りを感じるようになったとの噂が立ち始めました。

しかし、アリステアは領民たちから深く信頼され、彼らに愛されていたのです。

その証として、アリステアが領地内に無料の学校を設立した際、多くの人々から賞賛の声が上がりました。

女性たちの間では、魅力的なアリステアに会いたい、彼の近くで働きたいという声が多く聞かれるようになりました。

しかし、アリステアの周囲の者たちは警戒して、「彼の心は石像に捧げられているので、彼に接近することはおすすめしない」とアドバイスしていました。

アリステア自身も、実際にその石像に深い情熱を注いでいます。

毎日、石像と語りかけ、丁寧に手入れをしている姿が見受けられました。

アリステアは学校が完成した際、ララがその事実を知れば喜ぶだろうと心の中で思っています。

しかしながら、悲しいことに、ララの石像はそのままの姿で、時が経過しても目を覚ますことはありませんでした。

 

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ17話!

ララが石像の呪縛から解き放たれた時、彼女の顔には以前とは違う、優しい微笑みが浮かんでいました。

それは、まるで初恋のような照れくさい乙女の表情。

アリステアは驚きました。

ララの眠っていた間に、自分は成長していた。

あの頃の少年ではなく、もう成人の男として、ララとの間に新たな関係性が生まれていることに気づいたのです。

心の中で、この奇跡のような瞬間を神の祝福として受け取り、アリステアはララを情熱的に抱きしめました。

しかし、ララはまだ自分の状況を理解できていないようで、驚いた目で彼を見つめ、「あなた、アリスなの?」と疑問に思ったようでした。

「今の僕には少し子供っぽい名前かもしれないね」とアリステアは笑って答えました。

「でも、ララにそう呼ばれると、何だかとても特別に感じるよ。」

その後、アリステアはララを彼の家の中へと案内し、新しい生活の始まりを一緒に迎えることとなったのです。

 

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ18話!

アリステアがララを見つめた瞬間、心の中で「彼女はとても美しい」と感じました。彼の真剣な視線に気づいたララは、少し恥ずかしそうに顔を赤く染めました。

その姿に、アリステアはララが自分のことをただの幼なじみ以上の存在として見ていることに気づき、胸の中で小さな高揚感を感じました。

二人は馬車に乗り、特別な場所へ向かうことに。

その目的地は、アリステアが領民たちのために建てた新しい町でした。

ララは初めてその話を聞いた時、彼がそこまでのことを成し遂げたのかと驚きを隠せませんでした。

しかし、町に到着すると、どの家々からも彼に対する感謝や尊敬の言葉が溢れていて、ララはアリステアの偉業を実感しました。

馬車は新しく作られた学校の前に止まりました。

そこには、学びの場を得て喜ぶ子どもたちの姿があったのです。

ララはその情景を目の当たりにして、目頭が熱くなるのを感じました。

 

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ19話!

ララの心には、幼き日のアリステアへのある言葉が重く響いていました。

アリステアの夢である「学校」を、自分の言葉のせいで彼に実現させてしまったと感じ、その罪悪感から涙が止まらなかったのです。

ララは勇気を振り絞り、その思いをアリステアに伝えました。

しかし、彼の顔には暖かい微笑みが浮かんでいました。

彼女の気持ちは、すでに彼にとっては知られたことのようでした。

どうしたら、私のしたことを許してもらえるの?」と、ララが尋ねると、アリステアは目を輝かせながら答えました。

ただ、僕を褒めて、そして愛してほしいだけだよ。

その言葉を受けて、ララは真心からアリステアを褒めた。

アリステアの顔は、純粋な喜びで輝いていました。

その瞬間、ララはアリステアから感じる温かさが、深い愛情であることを確信したのです。

 

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ20話!

ララはアリステアの深い愛情を感じつつも、石化していた間の出来事に対する不安を抱えていました。

ララがそれを恐れていることを察知したアリステアは、ララに自らの過去の傷を見せたのです。

ドレスから解放されたララの目の前に、アリステアの腰には大きな傷跡が現れました。

ララは驚きの表情を浮かべましたが、アリステアは傷には深い意味があると説明しました。

ララはアリステアの過去の痛みとその傷に触れ、彼の深い愛情と犠牲を感じたのです。

その瞬間、ララは彼に優しくキスをし、アリステアもそれに応えるようにララを抱きしめました。

 

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ21話!

アリステアとララは、初めての経験として身を重ねました。

ララはアリステアの温かさに包まれ、未知の感覚に身を震わせたのです。

ララが緊張しているのを感じると、アリステアは優しく、安心させようと語りかけました。

アリステアの心の中は、彼女に痛みを与えてしまうのではないかという心配でいっぱいでした。

そのアリステアの気遣いを察知したララは、深い感謝と愛情を感じて涙を流したのです。

ララは、アリステアが自分のことを思いやって行動していることを感じ取りました。

その瞬間、二人の間には互いの信頼と愛がより深まったのです。

 

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ22話!

ララは、目を覚ますとベッドの隣にアリステアがいなかった。

体にガウンがなく、その代わりにアリステアが心配そうな顔で近づいてきて、ララにガウンを優しく羽織らせました。

アリステアの顔には昨夜の出来事への気遣いが見えましたが、ララは彼の変わった雰囲気に気を取られたのです。

以前よりも、アリステアにはどこか大人の色気が増していたように思えました。

朝の明るさの中、アリステアはララを新しくできた神殿に案内することを提案。

ララは自分のシンプルなガウンと、アリステアの装いのギャップに少し気を使っていましたが、食堂に足を運ぶと、そこには彼女のための美しいドレスがディスプレイされていました。

「これは…?」ララが驚く中、アリステアはにっこりと笑って、「特別な日のためのものだ」と言いました。

ララの目は、そのドレスとアリステアの意味する“特別な日”に期待と好奇心で輝いていたのです。

 

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ23話!

目覚めたララは、自分の胸元に残されたキスマークを見て、夢見心地のままアリステアが差し伸べたガウンを肩にかけました。

そんなララに、今日が孤児院を訪れる大切な日だったことを思い出させる一件が。

その事実に驚き、自分がどれほどその予定を忘れていたかに気づくララ。

マリエッタの手を借りて身支度を整える中で、彼女は自分が今や伯爵夫人であるという新たな現実に、少しずつですが慣れていきます。

準備を進める中での緊張も、アリステアとマリエッタの温かい励ましの声によって和らぎ、心は穏やかに。

孤児院に到着した時、待ち受けていたのは子どもたちの温かいお祝いの気持ちでした。

アリステアとマリエッタが舞う紙吹雪の中、ララは自分がどれだけ愛され大切に思われているかを実感し、その瞬間、心からの喜びで満たされました。

 

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ24話!

アリステアは突然、国王からの手紙を受け取ります。

手紙には、王都での社交活動への参加を命じる内容が書かれていました。

これまでアリステアは国王に対し、挨拶すら交わしたことがなく、敬意を示す態度も見せていませんでした。

実際、アリステアは国王との関係を断ち切り、独立を考えるほどに不穏な発言をしていたのです。

しかし、これまで王都へ行けなかったのには、理由がありました。

最近、アリステアは結界を強化し、竜種が現れない限り安全な状態にしていました。

そんな中、アリステアの妻ララは、社交活動には夫婦で参加すべきかと尋ねます。

しかしアリステアは、ララが国家魔術師であることを隠し続けたいと考えており、王都へは一人で行くことを決めます。

アリステアはいつものように、もし何か問題があれば力で解決するという態度を崩しません。

アリステアはララに外出を控えるよう告げ、名残惜しみながらも出発します。

一方でララは、アリステアが出発するとすぐに侍女を連れて外出し、夫がいない間にできなかったことを楽しむことにしました。

買い物や視察を満喫するララですが、アリステアと離れて過ごす日々には寂しさを感じていました。

 

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ25話!

アリステアが王都へ行ってから数日が経ち、恋しくなったララは気分転換に村の視察に出かけます。

その途中、ララはマリエッタから彼女の悲しい過去とアリステアとの出会いについて聞きました。

かつて困難に立ち向かってきたアリステアを支え続けたマリエッタは、ララの存在がみんなにとってどれほど大きな意味があるかを伝えます。

ララはアリステアがどれほど多くの人に愛されているかを知り、感動しました。

視察を続ける中、ララは村人たちから温かく迎えられ、村の活気と優しさに感心します。

アリステアが築き上げたこの素晴らしいコミュニティについて考えるとき、突然、魔物が現れる警報が鳴り響きます。

 

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ26話!

ララは勇気を振り絞って、馬に乗り竜のいる森へと向かいます。

森は次第に薄暗くなり、恐怖を感じたのか馬が立ち止まってしまいました。

ララは馬を解放し、一人で竜を探します。

隠れながら竜の動きを伺っていると、突然、竜と一人の男性が目の前に現れました。

男性は竜から逃げる姿が見え、ララは彼の腕に魔障があるのを見つけます。

その男性がかつてアリステアに土下座させられた少年だと気付くララ。

少年の叫びから、ララは誰かが竜を利用してこの地を荒らそうとしていると推測しました。

ララは助けるべきか悩みますが、自分が死ぬことを恐れ、アリステアを悲しませたくないと思い逡巡します。

しかし、竜が暴れれば村にも被害が及ぶと気付き、自分が立ち向かう決意をしました。

 

ヤンデレ魔法使いは石像の最終回結末の進行は?

yandere-netabare

ヤンデレ魔法使いは石像の乙女しか愛せない」の物語が進むにつれ、ララとアリステアの結婚の予感が高まってきました。

実は、初回から「結婚」という言葉が繰り返し登場していますよね。

この伏線を考えると、2人の愛が結実する場面は、まさに結婚式のシーンなのではないでしょうか。

アリステアは家名や伯爵位に関心がないと言っていますが、そんな彼がこれらを求める理由は一つ、ララのため。

ララを守り、幸せにするために自身をより強くしたいという熱い思いが感じられます。

結婚までの道のりは長そうですが、2人の淡い恋の日々がさらに盛り上がっていくことでしょう。

それを読むのが、とても楽しみですね!

 

ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ全話!まとめ

yandere-netabare

ヤンデレ魔法使いは石像の乙女しか愛せない」ネタバレの展開について、如何だったでしょうか。

予想を含めて1話から22話までの内容をお届けしてきました。

この物語がどのような最終回の結末を迎えるのか、推測は「結婚」を中心に展開するのではないかというものでした。

2人の甘美な日常を引き続き楽しんでいただきたいと思います。

今回は『ヤンデレ魔法使いは石像のネタバレ全話!最終回結末の進行を徹底検証!』と題してお届けしました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました